Saturday, January 18, 2014

哀しき獣

最近見た映画

シュガーマン
Talk to her
絶対の愛
うつせみ
ターミネーター

そして
哀しき獣!

映画を見終わった後の疲労感!
終わりと共に、プハッっと息がもれてしまった。
でも、その疲労感は「あぁ!映画を観た!」と言うもので、つまり140分間ノンストップで集中してしまう出来映えだったのです。

あらすじは、こちらで確認して頂くとして。。。

まず、私は、中国に朝鮮族の自治州がある事も、そこで暮らす朝鮮族の事もこの映画を観るまで全く知らなかった。
原題の「黄海」は、彼らが韓国へ出稼ぎや密入国をするために渡る海。
マイケル・ウィンターボトムのイン・ディス・ワールドばりに辛く息苦しい密航シーン。
これだけ観ている人間に心細さが伝染する映画なかなか無いよ!な、山中の逃亡シーン。
近くにある物は何だって武器になってしまう韓国映画は他にもあるけれど、さっきまで自分が食べてた肉の骨で戦うなんてアイディアは、どこをどう絞ったら出てくるの!?

音信不通の妻が働いていた店の店長が「他の朝鮮族がいるんだ。騒ぎを起こすな」みたいな事を忠告する場面があります。
中国でも外国人と言う立場で差別され、韓国に渡ったところで異人種として扱われ限りなく弱い立場でひっそりと暮らすしかない。
ただ、映画を観ていて気がついたのは、そんな朝鮮族のグナムとミョン社長の方が、ソウルのキム社長より生への執着がもの凄く強く、絶対最後まで力を抜かず逃げ切って戦ってやる、と言う感じが全身からみなぎっていた。
キム社長はいつも部下達に命令をするだけだけど、ミョン社長は部下と一緒になって自分も前線で動く(だからより怖い)。

 荒削りでストーリーも完璧ではないけれど、作り手の500%の情熱がビシビシと伝わって来て、それだけで忘れられない一本になってしまう。
これは謎解きの映画ではないので、モヤモヤした余韻も全然嫌じゃないし、むしろ観た後に「あのシーンの意味はこうなのかな?いや、ああなのかな?」と、エンドクレジット後も自分の中で続いてしまう映画って、昔はもっと多かった気がする。

色々書きましたが、あの一口海苔食べシーンがやっぱり最高でしたね。



Wednesday, January 8, 2014

スペシャルな自分への優越感が招く悲劇

ロッドマンのニュースを見てたら、なんとなくこの映画を思い出した。



「他者に心を開かない人間と心通わせる事の出来る自分」への優越感って言うか。
 この映画の主人公は周りの人間も不幸にしながら最悪の事態に巻き込まれて行きますが。。。
実際の出来事に架空の人間を絡ませる手腕がお見事で、フィクションとノンフィクションの間の様な映画でした。


Tuesday, January 7, 2014

正月映画

元旦におせち料理を食べたら2013年の疲れがブワーっと吹き出て、そのまま発熱。
2014年のお正月はベッドでゴロゴロしておりました。
私にとって風邪で一番辛いのは、起き上がれるけど動けない、治りかけの状態です。
貧乏性のせいか今までだと無理に動いて風邪を長引かせていたけれど、今回は映画を見てゆっくり身体を休めました。
年の始めに睡眠をたっぷり取って、今年も元気に頑張れそうです。
本年も宜しくお願い致します。

で、2014年最初に見た映画

「ベルリン・ファイル」
南北を初めモサドやらCIAやらを巻き込むスパイ映画。
と、見せかけて、北の内輪のもめ事に周りが巻き込まれたって事かしら、と言う映画。
スパイがこんなに堂々と騒ぐか!?とか、こんだけうるさいのにベルリン市民気がつかな過ぎじゃない!?とかとか、他の国のスパイ達ってこんなにまぬけか!?などのツッコミどころは確かに満載です。
満載ですけども、120分の仮想空間で大事な事は、その映画において見ている人が一番見たいものを見せてあげる、と言う事だと思うのです。
この映画で何より一番見たいものは、アクション、戦いでしょ!?
リアリティも大事だけど、そこを気にし過ぎて、例えばせっかく戦いが始ったのにドイツ人の通報によりお互い早々引き上げる映画なんて見てて楽しくないでしょう。
邪魔すんな!と思うでしょ。
そういう意味では、見ているこちらのアドレナリンを下げないテンポで繰り広げられるアクションは最高だし、なんやかんや言って最後は結局泣いたし、伏線も活きていたし、突っ込みどころ差っ引いてもとても楽しめる映画でした。

一つだけ残念だったのはVFX。
もうちょっとどうにかならなかったのかな、あの炎。
韓国映画を見ていてVFXで萎えてしまう事はちょいちょいあります。
グエムルの最後とか(これも炎)、イノセントガーデンの虫もあまり良い効果をもたらしているとは思えなかった。(イノセントガーデンとベルリンファイルのVFXは同じ会社が担当している模様)
とは言え、総合的にとても楽しめたので、特に足を引っ張る要素にはなっていないです。
少し残念な箇所、と言うくらいで。

小学生の時粘土でヌンチャク作ってた事を思い出させてくれる映画でした。



Monday, December 23, 2013

Greeting Animation

2013's Greeting animation from us is here!
Hope you enjoy and Happy Holidays:)

今年も作りました、クリスマス・アニメーション!
グリーティング・カード代わりに皆様にお送りします。
皆様楽しいクリスマスを!

Merry Christmas! from GwaGwa on Vimeo.

Thursday, August 29, 2013

Oh...! Sakana

Check out our new animation called " Oh...! Sakana" !

Oh...! Sakana from GwaGwa on Vimeo.

Thursday, June 20, 2013

母と息子

待ちに待った「嘆きのピエタ」を観て来ました。

何なんだか良く分からないけど見終わった時は涙が止まらなくて、しばらくトイレにこもってました。

軸になるのは借金取りの男と母だと名乗る女の話だけど、映画が進む中で様々な状況で底辺に生きる人たちが描かれています。

高利貸しから借金をして、結果返済が出来ず身体に障害をおわされてしまう人たちは皆小さな工場を営んでいる人たち。
ソウルのビル群の裏側で、忘れ去られてしまった様な古い町工場がひしめきあっているのです。

映画の中に色々な老いた母と息子(娘は一切出て来ないで徹底的に息子)が出て来ます。
借金を返せず手や足も仕事も失い、結果自殺してしまった息子達が最後に手紙で先立つ不孝を詫びるのは、みんな母親に向けて。

一組だけ夫婦がいて、夫が仕事が出来なくなった後も彼らは這いつくばる様に生き続け、終盤に微かな希望を与えていて観ているこちらも救われる。

キム・ギドクの映画は好き嫌いの触れ幅が極端だし、ちょいちょい展開に無理があったりもしますが、そんな細かい所を覆う凄みと、陽の当たらない場所でも生きている人たちを描く優しさの部分でいつも心震わされている気がします。

Wednesday, June 19, 2013

a Little Stiff by SWATi


キャンドルブランド" SWATi " のレセプションパーティー用アニメーションを作りました。
時間がかなり限られていましたが、楽しく撮影出来ました!
A new animation for Japanese Candle brand called " SWATi".

CANDLES by SWATi
Fish story
  by Naoko Hasegawa
Film production • Craft • Direction of photography GwaGwa
Music THE LICO
Film planning • Props styling Naoko Hasegawa
Featuring Mayumi Nakada
Powered by SWATi
SWATi WEBSITE http://www.swati.jp/